発達障害を持っている子供にオススメの教育方法5選

「子供が発達障害を持っていたら、どのように教育したら良いですか?」

この記事を読めば、上記のような質問を解決することができるでしょう。

発達障害には、様々な種類があります。

コミュニケーションに問題を抱えるASD

注意力に欠けているADHD

学習能力に欠けているLD

本記事では、発達障害を持っている子供ができる教育方法を5つ紹介。それだけでなく、教育に迷ったときの対処方法も解説していきます。

忙しい親御さんでもできる手軽なものなので、ぜひ参考にして下さい。

発達障害の子供でも教育は意味がある

発達障害の子供に教育をしても意味がないという意見がネットで出てきたので、それについて解説します。

発達障害の子供でも、教育は絶対に意味があります。

コミュニケーションに問題を抱えている子供は、勉強の面では問題ないため、障害の無い子供と同じくらいの学力にすることが可能です。

注意力に欠けているADHDは、大人になるにつれて症状が軽くなっていくケースが非常に多いです。大学に通っている人でも、幼少時代はADHDだった人はいます。症状が軽くなってから勉強を始めては手遅れなので、最初から教育をしておくべきでしょう。

学習能力に欠けているLDを持っている子供でも、教育を受けることで改善されるケースはあります。実際にLDを持っていた子供でも、普通に受験して大学へ進学している子も少なくありません。

発達障害を持っている子供にも、教育を受ける意味は十分にあるでしょう。

発達障害の子どもにオススメの教育方法

発達障害を持っている子供に教育を受ける意味があると説明したところで、どのような教育をしていけば良いのか解説して行きます。

この記事では、誰でもできる5つの教育方法を紹介するので、ぜひご覧ください。

しりとり

オススメの教育方法1つ目は、しりとりです。

しりとりは言葉を覚えるだけでなく、コミュニケーションが取れるのが大きなメリットです。コミュニケーションに問題を抱えるASDを持っている子供に効果のある教育方法になります。

手軽に簡単にできるので、ぜひ挑戦してください。

数字板

オススメの教育方法2つ目は、数字版です。

数字板は、子供が数字を覚えるのに使う勉強アイテム。公文でも取り入れられている教育方法で、これを使って数字を覚えていく子供は少なくありません。

数字を覚えていない子は、友達同士でどっちの方が早く並べられるか勝負するのも良いでしょう。

学習能力に欠けているLDを持っている子供にオススメします。

絵本

オススメの教育方法3つ目は、絵本です。絵本は、文字と物を覚えるのに使えます。

色んな絵本が売っていますが、子供が興味のありそうなものを選んでください。まずは興味を持ってもらうことが大切です。

男の子であれば乗り物など、女の子であればお花など。絵本を読ませて、文字と物を覚えさせましょう。

この教育方法は、どの障害を持っている子供でも役に立ちます。

文字を書く

オススメの教育方法4つ目は、文字を書くです。

文字を書くことも、絶対に怠らないでおきましょう。しりとりなどで言葉を知っている子供でも、文字が書けないケースが非常に多いです。

絵本で文字を見ていても、実際に書いてみると上手くできないでしょう。最初は線をなぞって引くでも良いので、何か書かせてあげましょう。

運動

オススメの教育方法5つ目は、運動です。

運動をすることで、コミュニケーション能力が向上するだけでなく、精神的にも強くなれます。他にも注意力や集中力の改善が可能です。

サッカーだと、どこにボールがあるのか常に見ておかないといけないですよね?水泳だと、集中しておかないと沈んでしまいます。

運動は集中力や注意力も上がるので、注意力に欠けているADHDを持っている子供にオススメです。

発達障害の子供の教育に悩んだら?

発達障害の子供の教育に悩んだら、2つの方法を取りましょう。

専門の先生に相談する

まずは、専門の先生に教育方法について相談しましょう。

たくさんの障害者の子供を見てきた経験から、色んなアドバイスをもらえると思います。

専門の先生が近くにいなければ、厚生労働省が認定している『発達障害者支援センター』などの機関に相談してください。適切なアドバイスを頂けます。

習い事を始める

習い事を始めるのも、良い教育になります。家族では無い人と関わり、多くのことを学べるでしょう。

発達障害の子供を育てている親御さんで、習い事に通わせるのは迷惑と思っている人もいるようですが、気にしなくて大丈夫です。

最近は発達障害の子供も多くて、どこの習い事にも普通にいます。遠慮せずに、貴重な子供の時間に多くの経験をさせてあげましょう。

子供が発達障害を持っていても教育できます

子供が発達障害を持っていても、絶対に教育は怠ってはいけません。大人になってから、必ず子供の時に受けた教育が役に立ちます。

この記事では、子供にオススメの教育方法と悩んだ時の対処法を紹介しました。最後に簡単にまとめておくので、ぜひ参考にしてください。

発達障害の子どもにオススメの教育方法

しりとり

数字板

絵本

文字を書く

運動

難しい勉強方法や、障害を持っていない子と同じ勉強方法をするのは難しいです。まずは勉強という意識を与えず楽しくできるものを使って教育していきましょう。

発達障害の子供の教育に悩んだら?

専門の先生に相談する

習い事を始める

親御さんだけで悩み抱え込む必要はないので、人に相談することをオススメします。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。