【理解が大切】発達障害の子供に出てくる症状とは?

近年、非常に増えている発達障害の子供。

見た目では分からないため、理解を得ることが難しい障害ですが、どのような症状があれば注意して見てあげるべきなのでしょうか。

この記事では、発達障害を持っている子供の症状について解説していきます子供を持っている親御さんや、教育関係の仕事をしている方は必見です。

発達障害とは?

発達障害者とは、脳に障害がある人のことです。

見た目では分からないですが、行動や言動を観察すると違和感を持つでしょう。

子供だから脳に障害があっても気付かれず、少し変わっている子として思われることも少なくありません。

大人の方は、少しでも違和感を持ったら病院に相談することをオススメします。まずは、医師の判断を聞くことが大切です。

発達障害の子供の症状

それでは、発達障害を持っている子供の症状について解説していきます。

これから紹介する症状があるのであれば、専門家の意見を聞きにいきましょう。

早期発見することで、色んな対策を行うことが可能です。

笑顔で話せない

笑顔で話せない子は少し注意して観察してあげましょう。

喋りかけても返答や反応が無かったり、真顔で頷く程度の子供は、発達障害の可能性があります。

人見知りという言葉で片付けるのは非常に危険です。仮に発達障害であれば、今の内から対策しておかないと、不登校や就職難民になるなどの影響が出るかもしれません。

子供がある程度待まで成長してから対策をしては、手遅れになる可能性もあります。

コミュニケーションで少しでも違和感があるなら、絶対に専門の先生に相談しましょう。

集中力がない

集中力がない子供も、発達障害を持っている子供の症状として挙げられます。

例えば、学校の授業で机に座ることができないなど。他の子が10分で終わるプリントに、1時間以上かかるなど。

子供の集中力が低いのは仕方ありませんが、あまりにも酷いと思ったら、病院に連れて行くことをオススメします。

忘れ物が多い

忘れ物が多い子供も、発達障害の可能性があります。注意力が非常に低く、色んなことを忘れてしまうようです。

学校に絶対に必要な筆箱や教科書を、毎日のように忘れたりしていたら、よく観察してあげましょう。

障害の無い子供は、怒られたら反省して忘れないようになります。何度言っても忘れ物をしてしまう子供には、注意が必要です。

空気が読めない

空気が読めないは、発達障害の中で最も多い症状と言っても過言ではありません。

これは大きな問題で、空気が読めないことでイジメなどにも発展するからです。例えば、先生に怒られて泣いている子供に対して挑発をするなど。

明らかに空気を読めていない子供は、発達障害の可能性があるので、専門の先生から診断を受けた方が良いです。

学力が追いついていない

友達がたくさんいて、笑顔でコミュニケーションができる普通の子供ですが、勉強が全くできないケースもあります。

勉強ができないと言ってもレベルがありますが、二個下の学年の授業が理解できていなのであれば、発達障害の可能性は十分にあるでしょう。

小学3年生で、1年生の授業が分かっていなければ、早急に専門家に相談してください。

発達障害の子供と関わるときに注意すること

先ほどまでは、発達障害の子供によく出る症状について説明しました。

これからは、発達障害の子供と関わるときに注意しておくべきことを紹介します。

理解してあげる

発達障害は、子供を見ただけでは分かりにくい障害です。

見た目は普通の子供なので分かりませんが、時間が経っていくにつれて少しずつ症状が見えてくると思います。

症状が見えたら、必ず理解してあげましょう。自分の子供が障害を持っていると思いたくないため病院に行かない親御さんも多いですが、将来のことを考えると得策ではありません。

少しでも不安があるなら、子供のために病院に連れていってあげましょう。

早くから障害に気づくことで、色んな対策をすることができます。理解してあげることで、子供も楽になりますよ。

特別扱いをしない

発達障害だからといって、特別扱いはしなくて大丈夫です。ダメなことをした時は、普通に叱ってあげましょう。

障害だからと特別扱いをしていると、ワガママな子供に育ちます。子供を立派な大人にするためには、特別扱いではなく教育が必要です。

発達障害の子供の症状まとめ

発達障害の子供は、本当に一目では分かりにくいです。

ただ、少しでも不安があるなら専門家に相談しましょう。

発達障害を持っている子供によくある症状をまとめておいたので、下記をご覧ください。

笑顔で話せない

集中力がない

忘れ物が多い

空気が読めない

学力が追いついていない

他の子供と外見は同じなので分かりにくいですが、関わっていくうちに行動や言動から違和感を覚えるでしょう。

上記のような症状が酷いと感じたら、すぐに病院で検査を受けてください。

しっかりと脳の検査をしておくことが重要です。

また、発達障害を持っている子供と関わるときに注意することもまとめておきます。

理解してあげる

特別扱いをしない

見た目では分かりにくいので普通の人と同じような扱いをしてしまいますが、障害があると理解してあげましょう。

特別扱いをする必要はありませんが、目を瞑ることも大切です。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。