発達障害を持っている人は職場で働けるのか

「子供が発達障害を持っているんですけど、職場で働くことは可能ですか?」

こんな悩みに対して解説していきます。

子供の頃から悩まされる発達障害。

親御さんの多くは、子供が社会に出たときに職場で働くことができるのか非常に気にしています。

すでに子供が職場で働き始めている家庭でも、続けられるか心配している親御さんが多いようです。

この記事では、発達障害を持っている人が職場で働くことができるのかを解説。それだけでなく、おすすめの職場の特徴もまとめておくので、ぜひご覧ください。

発達障害を持っている人でも職場で働くことができるのか

タイトルにもあるように、発達障害を持っている人でも職場で働くことは十分に可能です。

実際に、発達障害を持っていても職場で活躍している方は非常に多いので安心して下さい。

もちろん発達障害の重症度にもよりますが、多くの方が活躍している現実があるので希望を持って下さい。

注意点

発達障害を持っていても働くことができますが、注意点を解説します。

それは、職場選びです。職場を選ばなければ、働くことが大きな負担になるでしょう。発達障害だからといって、遅刻を繰り返していては周りからの印象もよくありません。

発達障害だからといって、書類の提出期限が遅れるのもよくないです。それでは、発達障害の方におすすめする職場の特徴を解説していきます。

発達障害を持っている方におすすめの職場の特徴

それでは、発達障害を持っている方におすすめできる職場の特徴を解説していきます。

発達障害の方が多い

おすすめできる1つ目の職場が、発達障害者の方が多い職場です。

同じような障害を持っている人が多ければ、理解を得られる可能性は非常に高くなります。個人で症状の重さが大きく変わりますが、障害を持っていない人よりは理解できるでしょう。

発達障害者を積極的に採用している企業もあるので、ぜひご検討ください。

上司の方の人間性が良い

上司の方の人間性は、発達障害を持っている人が働けるのか重要なポイントになります。

理解をしてくれない上司であれば、長く働くのは難しいです。理解してくれる上司であれば、

甘えてはいけませんが症状によって仕事に影響が出ても対応してくれます。

上司の人間性は会社に入ってからしか分かりませんが、できるだけ会社の説明会などに足を運んで雰囲気を確認しておくことが重要です。

発達障害の事業に関わっている

発達障害の事業に関わっている企業は、他の企業に比べて理解をしてくれる可能性が高いです。

障害を持っていない人は、見た目で分からない限りは普通に接してきます。それ自体は悪いことではありませんが、症状が出て会社に迷惑をかけた時も、他の人と同じように注意するでしょう。

障害なので怒られても治すのが難しいため、必然的に怒られる回数は増えます。

発達障害について理解している企業に勤めることができれば、症状が出ても受け入れてくれる可能性が高いです。

発達障害の事業に関わっている企業であれば、他の会社より理解は深いでしょう。

社員が少ない企業

社員が多い企業だと、障害者に対して理解をしてくれない人も絶対に出ています。

トラブルにもなりやすいので、社員が少ない企業に勤める方が人間関係の面で安心です。

コミュニケーション能力に自信があったり一般的な仕事ができるレベルの症状であれば問題ありませんが、不安なら社員が少ない企業をおすすめします。

発達障害者が職場で行うべき行動

今までは発達障害者の方が職場で働き始めるために、企業の選び方についてまとめました。

最後のまとめに入る前に、発達障害者が職場で行うべき行動を解説します。

発達障害のことを伝える

まずは、発達障害であることを伝えましょう。伝えることで、相手の態度は大きく変わります。周りの人たちがサポートしてくれるかもしれません。

発達障害は何も恥ずかしいことではないので、しっかりと伝えておきましょう。

積極的にコミュニケーションを取る

発達障害者の方は、やはり仕事で失敗する頻度が高いです。

例えば遅刻などをしても、障害者だから強く言ってこないでしょう。その代わり、裏で言われているケースがよくあります。

そういう悪循環にならないためにも、積極的にコミュニケーションを取りましょう。コミュニケーションを取っておくことで、理解してもらえる可能性は一気に上がります。

何も話しかけてこないで遅刻や失敗を繰り返すより、コミュニケーションを取ってくれた方が印象は良いですよね。

コミュニケーションが苦手な方もいると思いますが、自分のできる範囲で挑戦してみましょう。

症状が出て迷惑がかかったら対処する

症状が出て会社に迷惑をかけたのであれば、自分ができる限りの対処をしましょう。

遅刻をしてしまったのであれば、その分残業するなど。書類にミスがあって上司がやってくれたのであれば、上司の書類の仕事を少し受け持つなど。

症状が出たままだと迷惑をかけっぱなしになるので、自分ができる方法で対処して下さい。

これだけで、印象は大きく変わります。

発達障害を持っている人は職場で働けるのか

この記事では、発達障害者の方が職場で働けるのかをテーマに書きました。

最後に簡単にまとめておくので、ぜひご覧ください。

発達障害を持っている人は職場で働けるのか?

→症状の重さにもよるが、働くことは十分に可能である。

発達障害を持っている方におすすめの職場の特徴

発達障害の方が多い

上司の方の人間性が良い

発達障害の事業に関わっている

社員が少ない企業

発達障害者が職場で行うべき行動

発達障害のことを伝える

積極的にコミュニケーションを取る

症状が出て迷惑がかかったら対処する

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。