【プレママ必見!】切迫早産になりやすい特徴と入院を乗り越えるコツ

「切迫早産」とは正期産である37週より前に出産する可能性が高く危険な状態のことを指します。

早産になると、赤ちゃんの感染症になる確率が高くなるだけでなく、発育が不十分による脳出血や呼吸器障害などのリスクがあり、生産期に生まれた赤ちゃんに比べて死亡率も高くなってしまいます。

このような事態になるのを防ぐために、切迫早産と診断されると安静入院、もしくは自宅安静するようにと病院の先生に告げられることがあります。

この記事では、「切迫早産」になりやすい人の特徴と、万が一安静入院になっても乗り越えるための便利な方法を3つ紹介します。是非、チェックしてくださいね。

どんな人が切迫早産になりやすいの?

医療が進んでいる日本であっても、全妊婦さんの約14%である7~8人に1が切迫早産になり、6%ほどが早産になると言われています。

「切迫早産」は誰もがなり得るのです。ここでは、切迫早産になりやすい人の特徴を記しています。

1つでも当てはまるプレママは、今まで以上にご自身の体調の変化を注視し、少しでも「昨日と違うな」「変だな?」と思ったら、すぐに先生に相談してくださいね。

疲れやストレスを感じやすい

妊娠前に比べて妊娠中は女性ホルモンのバランの変化するのでよりストレスを感じやすくなります。

身体はストレスの影響を直に受けやすく、子宮収縮につながります。

普段からストレスを感じやすいママは定期的にストレス発散したり、お腹の張りを感じたら一旦休憩を挟むなどして、身体に負担をかけないように心がけましょう。

立ち仕事をしている

長時間の立ち仕事は身体に負担になるだけでなく、切迫早産の可能性を高めています。

特にスーパーで働いていたり重い荷物を持つ仕事をしているママは要注意です。重い物を持つことでお腹や腰に力が入ると子宮が圧迫され、結果子宮収縮につながります。

6~8時間立ち仕事をしたことでお腹の張りを感じるママも多く、切迫早産になりやすくなります。

お腹が大きくなればなるほどリスクが高くなるので、立ち仕事が多いママは早いうちから仕事内容について上司と相談してみてくださいね。

過去の妊娠で切迫早産になったことがある

過去の妊娠で切迫早産を経験したママは、次の妊娠でも同じように切迫早産になる可能性が高くなります。

切迫早産になってしまう理由はいくつかありますが、その中の一つである頸管無力症は子宮頚管と呼ばれる子宮の一部が柔らかくなってしまう体質です。体質なので、毎回の妊娠に影響します。

お兄ちゃんやお姉ちゃんのときに切迫早産を経験したことがあれば、次の妊娠でもなり得ます。

一度先生と相談してみてくださいね。

安静入院となったら

「インドア派だから」「1日中ベッドで寝ているだけなんてラッキー」と思えるのは最初だけ。

朝から晩まで、起きてから寝るまでの間はトイレ以外に立つことは出来ずにベッドで横になるだけ、お風呂も週に1回行けたらラッキーです。入院し始めた時は大丈夫でも、1ヵ月~2ヵ月、もしかすると出産するまで日常には戻れないとなると精神的に堪えてしまいます。

ここでは、長い入院生活を乗り越えるコツを紹介します。

Fire TV stickやChromecastを購入する

安静入院となると、24時間ずっと寝たきりの状態になります。テレビを見ようにも好きな番組があればそうでない番組もありますよね。YouTubeやNetflixをスマートフォンで見ると目がとても疲れますし、腕に点滴をした状態で寝転がりながら見るとリラックスできません。

安静入院となったらFire TV stickやChromecastを利用してみてください。

最近ではWi-Fiを完備している病院があるので、備え付けテレビに接続するだけで快適に動画配信サービスを利用することができるのでとても快適です。

テレビの画面で動画を観ているので、スマートフォンの通知に邪魔されたり、充電がなくなる恐れもありません。

子育てが始まるといままで通り、自分の好きな時間に好きな動画を観ることが限られてしまうので、今のうちにたくさん動画や映画を観て楽しんでくださいね!

着圧ソックスを履く

「入院中は寝たままなんだからむくまないのでは?」と思うかもしれませんが、トイレ以外はベッドの上で過ごすことになり、脚を動かすことがないのでむくみやすくなります。しかも、出産後期になると血流が悪くなったり水分を体内に溜めやすくなります。

着圧ソックスを着用するとむくみも取れますし、女性にとって大敵である冷え予防にもなるのでとてもおススメです!

1日中着用すると脚が疲れたり暑かったりするので、就寝するときに履くと良いですよ。ただ、妊娠後期になるとお腹が大きくなり着圧ソックスが履きにくいときもあるかと思います。その時は無理せずに、脚を少しだけ上げるとむくみも解消されるので実践してみてくださいね。

保湿力があるボディークリームやリップ、スキンケアグッズ

病院は想像以上に乾燥しています。夏場は冷房、冬場は暖房が効いているので普段生活しているとき以上に乾燥しやすくなっています。

保湿力が高いボディークリームやリップクリームを常備すると、乾燥によるストレスは軽減されるはずです。

しかも入院中は先生の許可がなければシャワーに行くことが出来ない為、お化粧する機会もぐんと減ります。ファンデーションやアイメイクをする必要がなくなるので、入院中はスキンケアに重点を置けるベスト期間なのです。

安静入院となると思い通りに動けずネガティブな発想になりがちですが、お肌にとって休息タイムと思えば少しはポジティブになれるのではないでしょうか。

ボディークリーム同様、なるべく保湿力のある化粧水や乳液を使うと1日中しっとりしたお肌になります。

子供が生まれると、自分のスキンケアは二の次になってしまいます。せっかくの入院生活、キレイな肌を目指して肌活をしてみてはいかがでしょうか。

切迫早産になっても自分を責めないで!

切迫早産と診断され、安静入院となると「どうして私だけ?」と自分を責めてしまうママが多くいます。

入院は、お腹の赤ちゃんを十分に発育した状態で安全な週数で産んであげるまでの、大切な期間です。入院中は是非、この記事で紹介した、

Fire TV Stick やChromecast

着圧ソックス

リップクリームやボディークリームなどのスキンケアグッズ

で、入院生活を充実して乗り越えてくださいね。

ママは1人ではありません。病院の先生をはじめ、看護師、パパ、家族、そしてお腹の赤ちゃんも一緒に頑張ってくれています。赤ちゃんに会えるまでの時間、共に乗り越えましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。