療育手帳ってなんだろう?障害者手帳の種類と等級について解説

「療育手帳」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。どちらかというと、障害者手帳の方が聞き覚えがあるかもしれません。療育手帳は障害者手帳の一種で、障害者向けのさまざまな福祉サービスを受けるときに必要なものです。

療育手帳は地方自治体が運用しているもので、国の定めた基準があるわけではありません。今回は療育手帳はどんなものか、障害者手帳の種類と等級について解説します。

療育手帳ってなんだろう

「療育手帳」というものを見たことがあるでしょうか。療育手帳は、自治体や民間事業者が提供する障害福祉サービスを受けるのに必要なものです。自治体によっては「愛の手帳」や「みどりの手帳」という名前であることもあり、ご存知ない方もいるかもしれません。ここでは、療育手帳の詳しい解説をしていきます。

療育手帳は障害者手帳の一種

療育手帳は、障害者手帳の一種です。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の3つを合わせて、障害者手帳と呼んでいます。どの手帳を持っていても障害者総合支援法という法律の対象となり、自治体や民間が提供するサービスを受けることができます

身体障害者手帳は視覚障害や、特定の病気による機能障害、肢体不自由の方に交付され、療育手帳は知的障害全般の方に交付されます。精神障害者保健福祉手帳は統合失調症、発達障害などの方に交付されるものです。

ちなみに障害者手帳の取得は任意で、障害があるからといって交付を受けなければならない、ということはありません。ただし持っていないと障害者総合支援法の対象にならず、各種サービスは受けられなくなります。

療育手帳は自治体が運用している

身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳は、根拠となる法律があって基準も定められています。しかし療育手帳は各自治体が判定基準を定めて運用しているため、各自治体によって手帳の名前やサービス内容が違っています。

例えば、東京都や横浜市では「愛の手帳」という名前ですし、埼玉県では「みどりの手帳」という名前です。取得条件も「知的障害ありと判定されること」という内容で、対象疾患が決められている身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳とは違っています。

療育手帳は子ども以外でも持つことができる

療育手帳は、主に知的障害のある子どもが持つことが多い手帳です。大きくなるにつれて障害や病名が確定し、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳に変わっていくことが多いから、ということが原因として挙げられます。

大人では療育手帳は持てない、というわけではありません。大人になっても障害や病名が確定しないこともありますし、年齢制限も特にありません。自治体によって運用が違うので、詳しくはお住まいの自治体に確認してみると良いでしょう。

療育手帳の等級はどうなっている?

身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳には、等級が定められています。身体障害者手帳は1級から6級、精神障害者保健福祉手帳は1級から3級までです。では、療育手帳の等級はどうなっているのでしょうか。療育手帳の等級について、解説していきます。

国の基準では2種類

療育手帳の等級については、国の基準では「重度」「その他」の2種類です。知能指数の測定値や基本的生活習慣、問題行動の有無などを観察し、障害の程度を総合的に判断して判定されます。

障害程度の判定は、18歳未満については児童相談所が、18歳以上については知的障害者更生相談所が行います。判定の結果が知的障害に該当するのであれば、療育手帳の交付対象となります。

自治体によって独自の運用もある

国の基準では重度とその他ですが、自治体によっては、最重度・重度・中度・軽度の4段階に分かれている場合もあります。この判定の基準なども自治体が独自に定め、運用しているものです。そのため、同じ障害でも自治体によって判定が変わってくる、ということもありえます。

ですので、どこの都道府県でも同じサービスが受けられる、とは限りません。自治体によっては精神障害者保健福祉手帳と同時に持つこともできますし、どちらかしか持てないという自治体もあります。このように療育手帳は自治体の独自色が強いのが特徴です。

身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳は国の基準で運用されているので、日本のどの場所にいても同じサービスが受けられるようになっています。

療育手帳で受けられるサービスは要確認

療育手帳の等級は、国ではなく自治体が独自に定めているものです。自治体同士が話し合って決める、ということもありませんので、自治体によって差が出てきます。療育手帳によって受けられるサービスも違いがあります。

正しい情報を知らないと、本来受けられるはずのサービスを見逃してしまう、ということもあるかもしれません。詳しいことは、必ず役所に行って確認するようにしましょう。また、身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳は、全国どこでも同じサービスが受けられます

年齢が進んで障害や病気の名前が確定したら、そちらの手帳に持ち替えるというのも選択肢のひとつです。障害者手帳は生活しやすくなるサービスを受けるためのものです。家族や自分に合ったものを選択していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。