【何がおすすめ?】生後4カ月の赤ちゃんの育児にぴったりのおもちゃ

出産してからの数カ月は目まぐるしく過ぎます。

初めての育児の場合、忙しすぎて時間の感覚がマヒする人もいるようです。赤ちゃんの成長はあっという間で日々できることが増えていきます。

赤ちゃんのさらなる成長を促すためにぴったりなのがおもちゃです。

本記事では生後4カ月の赤ちゃんにぴったりのおもちゃを解説します。

4カ月以下の赤ちゃんを持つママは必見です。

生後4カ月の赤ちゃんにできることとは?おすすめのおもちゃは?

生後4カ月になると首も座り、ものをしっかりつかむことができるようになります。

さらに寝返りができる子も出てきます。そして心も身体の成長に比例して成長します。

ママやパパの顔を見ると笑顔になったり、「キャッキャッ」と声を上げて喜ぶようになります。

必ずしも楽ではない育児の疲れが吹っ飛ぶ瞬間ですね。「あー」「うー」などの喃語もバリエーションが増えてます。

音のするものやおもちゃへの興味が出てくるので、自分から手を伸ばすようになります。おもちゃをうまく使うことで、あかちゃんの発育を促す効果が期待できます。

ここでは生後4カ月にふさわしいおもちゃとその理由を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

手でつかめるボール型おもちゃがおすすめ

生後4カ月になると、ものをしっかりとつかむことができるようになります。

よってこの時期はボール型のおもちゃがおすすめです。ボール型のおもちゃを握ることで指先に刺激が与えられ筋力や握力を高めることができます。

手先を動かすことは脳の活性化にもよいとされています。さらに赤ちゃんの前で転がすことで視野が広がり、好奇心を育てることにもつながります。

動くボールを目で追うので首の筋肉も鍛えることもできます。ボール型おもちゃは非常にメリットの多いおもちゃであることがわかると思います。

パパやママと遊ぶことで親子のつながりも深くなりますので、おすすめのおもちゃです。

興味を引き付けるおきあがりこぼしがおすすめ

おきあがりこぼしとは倒しても自動で起き上がってくるおもちゃです。

中には鈴が入っていて、動かすと音が鳴る仕組みです。

生後4カ月になると自分で押すことができるようになりますので、おきあがりこぼしの倒れる、起き上がる様子が見られるようになります。

赤ちゃんは倒しても起き上がるおきあがりこぼしに夢中になります。この遊びを繰り返すことで方向感覚や好奇心、目と手を連動させる能力を伸ばすことができます。

さらに、届きそうで届かない位置に置くことで赤ちゃんは何とかしてつかもうとします。このアクションが寝返りをはじめるきっかけになる可能性もあります。

赤ちゃんがおきあがりこぼしの楽しさに気がついたら置き場所を変えることで身体に刺激を与えてください。

子どもの興味をひきつけるおきあがりこぼしは4カ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃと言えます。

4カ月の赤ちゃんにおすすめ!ベビージム

ベビージムはアーチにおもちゃが吊り下げられていて、横になった状態で遊ぶことができるおもちゃです。

プレイジムとも言われます。

寝たまま遊べるベビージムはまだ自分で動けない4カ月の赤ちゃんにぴったりのおもちゃです。

カラフルに作られているものが多く、色彩の刺激を赤ちゃんに与えることができます。さらに音が出る仕組みもついていれば視覚だけでなく聴覚にも刺激を与えられます。

ベビージムは様々な場所におもちゃが配置されていて赤ちゃんの興味を引きつけます。遠くのおもちゃを取ろうとして手を伸ばすことで運動能力の発達を促すこともできます。

細かいしかけもついているので指先を使うことで脳の活性化も期待できます。ベビージムは脳と身体に刺激を与えて赤ちゃんの成長を促す魅力的なおもちゃです。

生後4カ月の赤ちゃんとの遊び パパやママとのコミュニケーション

ここまでおもちゃを紹介してきましたが、ママやパパとのコミュニケーションが赤ちゃんにとって最高の遊びであることは言うまでもありません。

家族の顔を覚えて、あやすと笑ってくれるのでパパやママも楽しくなってくると思います。

紹介したおもちゃとコミュニケーションを組み合わせると効果的です。

赤ちゃんの真似でコミュニケーション

4カ月になると赤ちゃんは声をだして笑うようになります。赤ちゃんの反応をよく見て、パパやママが真似をすることで赤ちゃんは喜びます。

パパやママが自分の動きにこたえてくれたことがわかるからです。喜んだ赤ちゃんはさらに言葉や笑顔を引き出すようになります。

パパやママとのコミュニケーションは赤ちゃんの脳を刺激し、情緒面の成長を促すことができます。

パパやママと遊ぶことで赤ちゃんとの絆も深まります。

とにかく話しかける

4カ月ではまだ喃語だけで言葉を話すことはできません。しかし、赤ちゃんはパパやママの話を聞いています。1日の出来事やお話、お気に入りの詩などなんでも話しかけてください。

赤ちゃんの脳には心地よい刺激として伝わっているはずです。

おもちゃをうまく使って育児を!

ここまで4カ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ、4カ月の赤ちゃんとの遊び方を紹介してきました。

まだまだ4カ月では一人で遊ぶことはあまりできません。1人でも遊んだとしても5分ほどが限界でしょう。

あくまでもおもちゃは育児のためのツールでしかありません。

しかし、おもちゃをうまく使えばママやパパの負担を多少は減らすことができます。この意味は小さくないはずです。

パパやママはおもちゃで遊ばせるときはできるだけ赤ちゃんと一緒に遊んでください。

パパとママが一緒なら赤ちゃんも安心して遊びます。大切なのはママやパパとのコミュニケーションです。

パパとママによる語りかけ、抱っこ、赤ちゃんの真似などは赤ちゃんにとって最高の遊びです。

「パパやママのコミュニケーションという土台の上におもちゃによる遊びが来る」という順番を忘れないようにしてください。

おもちゃをうまく使って今だけの4カ月の赤ちゃんとの時間を楽しんでください。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。

育児アプリならベビレポ♪
今すぐ試す♪