やむを得ない妊娠中絶。気をつける事を解説

望まない妊娠、経済的理由などさまざまな理由で中絶しなければいけない事がありますよね。

どのような場合でも中絶をできる訳ではありません。

中絶は決して簡単なことではなく、とても体に負担がかかることです。

どうしてもせざるを得ない場合は早めの行動を行い、後悔のないように行動しましょう。

今回は「妊娠中絶の方法」「中絶後の生活」について解説していきます。

妊娠中絶について

母体で育った胎児を人工的な手段で意図的に妊娠を中絶することを「妊娠中絶」と言います。

中絶には期間が定められており、その期間によっても手術方法が異なってきます。

遅ければ遅いほど、体に負担もかかってきます。もし、妊娠が発覚して中絶を考えるのであれば一刻も早い決断をオススメします。

それでは中絶できる期間と手術方法を解説していきます。

中絶するのであれば12週までに

手術を受けることができるのは妊娠22週未満までですが、妊娠初期(12週未満)と12週以降とでは中絶方法も体への負担も大きく変わってきます。

妊娠初期(妊娠12週未満)は、子宮内除去と言い掻爬法(そうは)又は吸引法によって中絶を行います。

手術方法は

掻爬法(そうは)→子宮内にピンセットのようなもの又はスプーンのようなものを挿入し書き出していく。

吸引法→子宮の中に柔らかい管を入れて吸い取る方法。

現在ほとんど、吸引法によって中絶手術は行われています。

吸引方法は出血も少なく、体にも負担の少ない手術方。

掻爬法で手術を行っている病院もまだ多く、トラブルの多い手術法と言われています。

病院を選ぶ際は、吸引法で行ってくれる病院を探す事も体を少しでも守る方法かもしれません。

この2つの方法であれば、手術は10〜15分程で終了し、痛みも出血も少ない手術方法です。

手術が問題なく終了すれば、基本的にその日に帰ることが出来ます。

妊娠12週以降はとても体に負担がかかる

妊娠12週〜22週になってしまうと、子宮口を開いて人工的に陣痛を起こし出産をする流産という形になってしまいます。

とても体に負担がかかってしまい数日の入院も必要となってきます。12週以降は死産届を提出しなければいけなくなります。

保険適用外なので、金銭面的にも体にも大きな負担になりますよね。

もし中絶をするのであれば、早めの決断をおすすめします。

中絶したら終わりではない。アフターケアが大切

12週目までの中絶であれば、手術後その日に帰ることができるのですが、数時間後に麻酔が切れて痛みが出てきます。

手術が終わり体調が普段通りでも最低2週間は安静にしておきましょう。

中絶したから終わりではなく、今後妊娠したいという時にアフターケアをしっかりしておかないと妊娠しにくい体になってしまうこともあります。

手術後のケアが最も重要になってきます。

それでは中絶後に気をつけるポイント、生活について解説していきます。

とにかく2週間は安静に!

個人差はありますが、通常の体調に戻るまでに2週間はかかると言われています。

仕事復帰できる状態であれば可能ですが、力仕事や立ち仕事は避けましょう。

お風呂は入って大丈夫?と不安になる方多いと思います。シャワーは当日からOK。

湯船に入るのはお医者さんからOKが出るまで控えましょう。感染症の恐れがあります。

手術後1週間〜2週間は出血があります。

この出血も個人差はありますが、過ごし方でも大きくかわってくるので2週間は安静にしておき回復を待ちましょう。

1ヶ月〜2ヶ月は生活に気をかけよう

中絶をしたことで、気分が優れなかったり落ち込んでしまう日々が続く方も多いと思います。

ストレス発散をしたい気分になると思いますが、プールやサウナ、温泉、激しい運動は控えましょう。

軽いジョギング程度であれば1週間ほど経てばOKです。

激しいスポーツは1ヶ月程控えましょう。個人差があるので、お医者さんに要相談です。

お酒好きの方はいつから飲めるの…お医者さんに聞きたいけどなかなか聞けない方も多いはず。

お酒は出血がなくなればOK。

しかし、過度な飲酒は大事をとって半年ほど控えておくと安心です。今後の妊娠にも大きく関わってくることなので、大変だとは思いますが我慢が重要です!

女性が一番気になるのは生理事情ですよね。手術後1ヶ月〜1ヶ月半で生理は再開。

不順の方はもっと遅れる可能性もあります。出血の量や色、生理痛が今までと最初は違ってきますが、生理を数回重ねる毎に戻ってくるので安心してくださいね。

早めの決断、後悔のない判断をしよう

いかがでしたか?

今回は「やむを得ない妊娠中絶の気をつける事」について紹介しました。

できるのなら皆さん中絶は避けたいところですよね。

やむを得ず決断する方がほとんどだと思います。

1人で考え込んで判断が遅くなってしまい、流産をしなくてはいけなくなった事をよく耳にします。

未成年であれば特に。少しでも中絶を考えているのであれば、早めに決断を行いましょう。

早ければ、早いほど体の負担も軽くなります。迷っていても進まない事なので、勇気は必要ですが家族や彼氏に相談を行いましょう。

もちろんですが妊娠を望まないのであれば、絶対に避妊を行い少しでも中絶という選択肢を取らなくて済むようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。

育児アプリならベビレポ♪
今すぐ試す♪