正しい妊娠検査薬の使い方とタイミングを解説

「生理がこない…」「体がだるい…」もしかしたら妊娠しているかも。

と感じたら、皆さんが使用するのが妊娠検査薬ですよね。

現在の市販で販売されている妊娠検査薬は90%以上の確率で適正と言われています。しかし、正しい使い方とタイミングをしなければ、正確な結果は出ません。

正しい使い方をして、正確に早く結果を知ることができる様な知識をつけていきましょう。

妊娠検査薬について

妊娠を望む人もいれば、望まない妊娠をしてしまう人さまざま。

一番簡単に、手軽に検査できるのが「妊娠検査薬」。薬局で簡単に手に入ります。

人生で妊娠検査薬を女性ならば、たくさんの方が使用すると思います。

とても大切なことなのに、使い方やタイミングは誰も教えてくれませんし、なかなか人にも聞けないですよね。

妊娠検査薬の使い方からタイミングまで詳しく解説していきます。

検査薬の原理

妊娠した際には「人絨毛性ゴナドトロビン(HCG)」が分泌されます。

人絨毛性ゴナドトロビン(HCG)が尿に含まれており、検査薬にはHCGが反応して陽性反応が出ます。

「妊娠しているかも….」と不安になると、つわりや痛みなど実際に妊娠しているかの様な症状になる(想像妊娠)方も多くいらっしゃいます。

想像妊娠ではHCGは分泌されないので、陽性になることはありません。なので、不安な方は検査期間になれば検査を行なってみましょう。

検査薬の精度

受精卵が着床するとHCGというホルモンが作られ、生理予定日の4週間目頃から尿に含まれてきます。

なので、妊娠検査薬を使用する際は、それ以降の生理予定日1週間後以降に検査を行なわなければいけません。

産婦人科で検査を行う場合も最初は、市販で販売されている妊娠検査薬と変わらない物を使用し、精度もほとんど変わらないと言われています。

正しく使えば99%正確とされているので、不安を感じた際は妊娠検査薬を使用してみると不安も解消できますよ◎

陰性がでても妊娠の確率は0%というわけではありません。その後生理がこない場合は産婦人科でしっかりと検査を行なってもらいましょう◎

もし、望まない妊娠で中絶を考えているのであれば早めの判断をオススメします。

正しい妊娠検査薬の使用方法で正確な結果をだしましょう。

正しい使い方とタイミング

市販の検査薬には、しっかりと使い方と検査のタイミングが記載されています。

検査を行う際は、不安や楽しみさまざまな気持ちが高ぶってしまい、使い方・詳細を読まない人がほとんど。

使い方やタイミングで正確な検査ができなくなってしまいます。

妊娠検査薬を使用するギリギリではなく、事前に知っておく事で落ち着いた行動をとることができるので、妊娠を望んでいる方もそうでない方も正確な知識を身につけておきましょう◎

検査薬は生理予定日の1週間後から

人絨毛性ゴナドトロビン(HCG)は、受精後少しずつ分泌され、生理予定日の1週間後からはっきりとわかってきます。

不安だからといって生理予定日後すぐに検査しても正確な反応はでないので、焦らずに検査可能期間まで安静に待ちましょう◎

少しでも早く知りたい方は、比較的 HCG反応が高い「早期妊娠検査薬」がオススメ。

一般的な妊娠検査薬では「50mlU/mL」のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(HCG)に反応します。早期妊娠検査薬は、約半分の量で反応するため早期に判断が可能です。

生理予定日の3日〜4日から使用することができるのできになる方は使用してみてはいかがでしょう。

妊娠は早く分かればわかるほど、体に気を使うことができるので流産率も下がってきます。

ママも赤ちゃんも安心出来る環境を作ってあげる事ができるのでオススメです!

検査薬の正しい使い方

正確な結果を出すには、検査の時期もとても大切ですが使い方も同じ様に重要になってきます。

正しい使い方の手順を理解して使用しましょう◎

使い方は簡単なので、一度読んでおくと安心ですね。

①まず、検査キットの決められた場所に尿をかけます。

商品によってかける量や時間もかわってくるので、使用する前にチェックしておきましょう。

②検査薬を水平な場所に置き、結果が出るまで待ちます。

斜めにしたり、持ち歩いたりすると正確な結果が出ないので、触らずに水平な場所に置いて結果を待つことがポイントです。

①②と正しい使用期間を守れば、正しい結果を得ることができます。

正確な結果を少しでも出すポイントは、

朝起きてすぐ

検査には時間をかけない

この2つがしっかりと結果を出すポイントです。

朝起きてすぐは尿が濃いとされています。その分、HCGがたくさん分泌されているのでハッキリとした結果を出すことができるでしょう。

検査は速やかに行うこともポイント。尿にはたくさんの菌が含まれており、菌が繁殖すると正確な結果がでないと言われています。

陽性反応がでたら、不安を感じたらすぐに産婦人科へ

いかがでしたか?

今回は「正しい妊娠検査薬の使い方とタイミング」について解説しました。

理解しているつもりだったという方も多いのではないでしょうか。女性にとって妊娠は人生の中でも大きな出来事。

少しでも負担なくマタニティー生活を送る為にも陽性がでたら、すぐに産婦人科へ行きましょう。妊娠初期は最も重要な期間とされています。

陽性になったからといって正常な状態で妊娠しているのかはわかりません。しっかりと産婦人科で妊娠確認を行いましょう。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。

育児アプリならベビレポ♪
今すぐ試す♪