赤ちゃんにおすすめのベビーマットと選び方を紹介!

ベビーマットとは産まれたばかりの赤ちゃんのために作られたマットです。赤ちゃんがいる生活の中で大活躍する育児グッズで、産褥期から活用している家庭が多くなっています。

この記事ではベビーマットを使うメリットと人気があるおすすめベビーマットを紹介します。

赤ちゃんのためにベビーマットを使うメリットとは?

ベビーベッドを置くほどスペースがなかったり、家事をするときに視界に入る位置に赤ちゃんを寝かせておきたいときなどにベビーマットはおすすめです。ベビーマットを使うにはメリットが多くありますので、参考にしてみてください。

クッション性に優れている

赤ちゃんは予期せぬ事故やケガをしやすく、目が離せないのが当たり前です。

そこで、ベビーマットが役に立ちます。布団よりもクッション性に富んだ商品が多く、ママが見ていないときに寝がえりをしたり、お座りから横や後ろに倒れたりした時に大きなケガを予防してくれます

赤ちゃんだけに限らず人間は頭が重く、赤ちゃんが自分で体のバランスを保つのは非常に困難です。クッション性の高いベビーマットを取り入れて、思わぬ転倒事故やケガから赤ちゃんを守ってあげましょう。

清潔な状態を保てる

赤ちゃんをフローリングや床に直接寝かせたり座らせるには、室内の細かいホコリやゴミが不衛生です。こまめに洗濯できるベビーマットを使えば、安心して赤ちゃんが過ごせる清潔なエリアを確保してあげることができます。

家庭用洗濯機で丸洗いできるタイプのベビーマットもありますので、おむつ替えや離乳食など拭き取れない汚れが付いた際はすぐに洗濯して清潔な状態を保つようにしましょう。

防音対策になる

赤ちゃん成長してくると、足や手をばたつかせたりおもちゃで遊んでいる時に手から離れて飛んで行ったりと、遊びがダイナミックになってきます。

マンションやアパートで暮らしている家庭では、下の階の部屋への騒音が気になりますよね。そんな時は厚みがある大きめのベビーマットを選んで敷いてあげましょう。困った時に助け合えるようなご近所づきあいを日頃の生活から心がけましょう。

赤ちゃん用マットの選び方

 

赤ちゃん用マットのメリットがわかったところで、次は選び方を見ていきましょう。ただ可愛い、おしゃれなだけで選ぶのではなく、長く使えて毎日の生活にプラスになるとっておきのベビーマットを選んでくださいね。

赤ちゃん用マットの選び方①サイズ

ベビーマットを購入する際にはまずどこに設置するかを決めます。設置場所に対して小さすぎては寝返りを覚えた頃には赤ちゃんがはみ出してしまいますし、大きすぎても設置スペースに入らず端を折って使うようなことになってしまいかねません。

購入する前には部屋のどこに敷いて使うかを決めて、適正サイズを決めておきましょう。ママやパパなど家族の動線を考えることも重要です。

ベビーマットを設置する場所のおすすめは、日当たりが良く明るい窓の近くやママが活動するキッチンなどからも目が届く場所です。ドタバタと大人の足音が気になって安心して眠れないような場所では赤ちゃんの睡眠の妨げになります。赤ちゃんがママやパパと安心してゆっくり過ごす時間が長い場所を見つけましょう。

赤ちゃん用マットの選び方②厚み

赤ちゃんの思わぬ転倒による事故やケガの防止、マンション、アパート暮らしなどでの防音性を重視したいのであればベビーマットの厚みを確認しましょう。厚手のマットはクッション性があり、防音性も高くなります。一般的なベビーマットは10~12mmの厚みがありますが、更に厚手の物は3~5cmのものも販売されています。

逆に、不要なときは収納しておきたいのであれば、ママひとりでも簡単に運べるような軽量かつ薄手のベビーマットがおすすめです。

赤ちゃん用マットの選び方③付属品

新生児期の赤ちゃんは毎日が授乳と睡眠の繰り返しです。生活サイクルが身に付くまでは睡眠のサイクルもバラバラで眠りに就くのが困難な場合もあります。眠れずに仰向けで起きているときには視界におもちゃがぶら下がっているベビージムがおすすめです。

ベビージムはカラフルなぬいぐるみ、音が鳴るメリー、優しいオルゴールがついているものなどバラエティ豊かです。赤ちゃんが目で追ったり手を伸ばしたりして遊んだりしているうちに、いつのまにか疲れて眠ってくれることもあります。

お座りができるようになったら外してガラガラとして遊んだり、マットだけにして使用できるので長く重宝するのはありがたいですね。

赤ちゃん用マットの選び方④手入れのしやすさ

赤ちゃんは授乳後のげっぷで吐き戻しをしたり、よだれやおむつ交換などで汚れるのが日常茶飯事です。ベビーマットの上で色々お世話をするのであれば、家庭用洗濯機で丸洗いできるものだと、いつでも清潔に使えて手入れしやすいのでおすすめです。

洗濯するのが大変であれば、おしりふきやウェットティッシュで汚れを拭き取って消毒しやすい素材のものもあります。ベビーマットの清潔を重視して選ぶのであれば、日々の手入れのしやすさを購入前にイメージしましょう。

赤ちゃん用マットおすすめ商品3選

赤ちゃんのためのベビーマットは多くのメーカーから様々な種類が販売されています。その中から厳選して、今人気があるおすすめ商品を紹介します。

赤ちゃん用マットおすすめ商品①PUPPAPUPO/サニーラグマット円形

カラフルなかわいい太陽のようなお花のようなデザインのかわいいマットです。シンプルなインテリアの部屋になじみやすい人気商品です。丸洗いできるタイプで、手入れもしやすく汚れても清潔に保つことができます。
ふんわりとした厚めの2cmのマットで防音効果も期待できます。


puppapupo(プッパプーポ) サニーラグマット フラワー イマージ マット ベビーマット プレイマット 丸型 かわいい おしゃれ 出産祝い ギフト プレゼント

赤ちゃん用マットおすすめ商品②Semy Kids/折畳み式ベビープレーマット底冷緩和

折りたためるタイプのベビーマットです。軽量で持ち運びしやすく、ママが移動するときにはマットと赤ちゃんと一緒に移動することができます。
防水・防湿仕様になっていますので、汚れてもササッと拭き取ることができ、手入れがしやすいのが特徴です。
広げると200×180cmと大きめのサイズで、寝返りを覚えた赤ちゃんでも広々とくつろげますね。


Semy Kids 折畳み式ベビープレーマット 底冷緩和 (XL)198×178×1cm 防炎・CE認証済み

赤ちゃん用マットおすすめ商品③フィッシャープライス/レインフォレスト・デラックスジム

取り外しができるおもちゃが付いたカラフルなベビーマットです。ママが家事をしている間でも赤ちゃんが楽しく遊んで過ごすことができるでしょう。
マットもぬいぐるみも洗濯機の使用が可能です。ぶら下がっているラトルや歯固めは取り外し可能ですので、お出かけ時に持って行ったり、お座りを覚えたら手に握って遊ぶことができます。


★★送料無料☆★【Fisher-price フィッシャープライス】レインフォレスト 指遊びミュージカルビビットなカラーのかわいいベビージム/ラッピング無料/ギフト/コンパクト

赤ちゃんが喜ぶベビーマットを探してみよう!

赤ちゃんのためのベビーマットは思わぬ事故やケガの防止だけでなく、防音対策などにも使える便利な育児グッズです。

元気な赤ちゃんでも騒音を抑えてくれる厚手のマットや、SNS映えするカラフルでおしゃれなマット、月齢が進んでも広々と遊べる大きいサイズのマットなど、多くの種類の商品が販売されています。各家庭に適した、ママも赤ちゃんもお気に入りのとっておきベビーマットを見つけてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。

育児アプリならベビレポ♪
今すぐ試す♪