発達障害とは何?発達障害について紹介!

成長と共に「この年齢でこれができない…もしかして?」と不安になるママ多いのではないでしょうか? 

まだ小さいうちは時間と共にできるようになると考える方も多いかと思います。 

発達は人それぞれ。 

しかし不安になることはたくさんありますよね。 

今回は、発達障害について紹介してきます! 

お子さんに不安を少しでも感じている方はチェックしてみてくださいね。 

発達障害とは何?

発達障害には、大きく分けて4つあり「自閉症スペクトラム障害」「注意欠如」「多動性障害(ADHD)」「学習障害」があります。 

それぞれ症状が出る年齢は違い早いものは1歳から症状が出てきます。 

遅いものは小学生に出てくることも…。 

少しでも早く気づいてあげることでお子さんの負担も軽くなってきます。 

細かい症状を一つずつ解説していきます。

自閉症スペクトラム障害

一番小さい頃に症状が出てくる「自閉症スペクトラム障害」。

1歳台で感じるようになり、最初の症状は「指差しをしない」「他の子どもに関心がない」などの症状です。

家にいると気づかないことが多く、幼稚園や保育園に行くようになり集団行動を行うようになると気づかれることもあります。

集団行動が苦手

口数が少ない

言葉が出ない

その為、周りとなかなか馴染めないということがあげられます。

思春期や成人した後に周りとの違いに気づき不安症やうつになる場合も

早めに気づいてあげる事で症状も軽くなり、目立たなくなるケースもあるので周りと少しでも違いを感じたら受診をおすすめします!

学習障害

日常生活にはなんの問題もありませんが、読み書き、計算などが難しい状態で、ある程度の年齢にならないと気づかない場合が多いです。

小学校中学年になって発覚する事が多く、学業に自信をなくしてしまう方がほとんど。

ただ成績が悪いと感じるのではなく、「学習障害」と疑ってみた方が良い場合もあります。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

現在一番多い発達障害とされています。

この中でも「多動衝動性優勢型」「不注意優勢型」「混合型」に分類されます。

じっと出来ない

順番を待てない

集中力がなく、最後までやり遂げる事ができない

話しかけても反応がない

ただ落ち着きがないだけ、と勘違いされる方も多いかもしれませんが大きくなるにつれ周りからすると普通ではないと思われがちです。

判断がしにくい障害ではありますが、成人し不安症やうつ病になる方がとても多い障害です。

発達障害と感じたら

今回紹介した中で、ちょっとうちの子ども気になっていた…という方は少しでも早く相談窓口支援センター保健センターへ相談をおこなってください! 

ママの少しでも早い行動で今後のお子さんの生活も大きく変化してきます。 

「どうしたらいいの?」と不安になっている方も多いのではないでしょうか? 

相談から受診の流れを紹介していきます◎ 

少しでも不安を感じている方は参考にしてみてくださいね。 

少しでも不安を感じたらすぐに行動

今では20人から50人に一人が発達障害を持っていると言われています。

消してかけ離れた障害ではありません。

大きくなり、周囲の人との違いで孤立したり引きこもりになったり…。

しっかり受診を行なっていると改善も見込む事ができます!

少しでも異変を感じたらすぐに行動に移してあげるようにしましょう◎

早めの行動でこれからの生活も大きく変わってきますよ。

どこに受診したらいいの?

いざ相談に行こうと思ってもどこに行ったらいいのか分からない方は多いかと思います。

病院であれば、小児科や児童精神科でOKです。

相談を行いたいのであれば、地域の医療センターや発達障害者支援センターなどでも相談窓口が設けてあります。

全国的にも発達障害を専門としている病院はとても少なく、近くにない場合もあります

分からないからと言って後回しにしてしまうのではなく、かかりつけ医にまずは相談してみるのも一つの方法です!

診察の内容

診察では「問診」「行動観察」「検査」が行われます。

なので、診察に行く際は今までの行動や日常の過ごし方をまとめておくとスムーズに問診を進める事ができますよ。

行動観察で実際の日常を観察し、反応や発達具合を見ていきます。

少し見ただけでは、分からない場合ももちろんありますよね。その際は、数日通って状況判断を行なっていく形となります。

発達障害を受け止め今後について前向きになろう!

いかがでしたか?

今回は、発達障害の症状とその後の行動について紹介しました。

まさか自分の子どもがそんなはずがない…と現実逃避される方もよく見かけます。

大きくなるに連れて成長は追いつくはずと成長を見守っていると手遅れになってしまう場合もあります。

しっかり治療を行なっていくことで、症状が緩和していくので家族にあった治療を行なっていきましょう!

その子にあった治療方法や学校、進路を探してあげて、少しでも生活しやすい環境作りを行なってあげてくださいね◎

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。