発達障害になった子供を支援する方法4選

「発達障害になった子供は、どうやって支援していけば良いですか?」このような悩みを解決していきます。

見た目では分からない脳に障害があるのが発達障害です。

この記事では、発達障害になった子供をどのように支援していくのかを解説。それだけでなく支援方法に悩んだ場合の対処法なども書いているので、親御さんは必見です。

発達障害を持っている子供を支援するべき理由

発達障害を持っている子供を支援するべき理由を解説します。

見た目ではわからない

発達障害を持っている子供の多くは、見た目では全く分かりません。

そのため障害を持っていない子供たちと同じ場所や環境で教育を行ってしまいます。症状の重さによっては問題ありませんが、ほとんどの場合が他の子に負けているというのを感じているでしょう。

学習障害を持っている子だと、同じ時間勉強してもテストの点数に大きな差が出ます。コミュニケーション障害を持っている子だと、他の子たちが楽しく遊んでいる輪に入ることができません。

障害のない子たちと同じ環境にいるのは、子供の負担になる可能性が非常に高いです。

やはり発達障害を持っている子供には、適切な支援を行うことが大切になります。

理解されない

発達障害を持っている子供は、非常に理解されにくいです。気になる行動があっても、子供だからという理由で片付けられます。

周りの人に理解されるように支援してあげることで、子供の負担が軽減されるでしょう。

発達障害を持っている子供を支援する方法5選

発達障害の子供を支援する理由を知って頂けたら、おすすめの方法を紹介していきます、

この記事では4つの支援方法を紹介するので、ぜひご覧下さい。

環境を整える

1つ目の支援方法は、環境を整えることです。子供に合った環境を整えましょう。

コミュニケーション障害を持っている子供であれば、いきなり集団行動をするのは大きな負担になります。

サッカーや野球などではなく、スイミングやテニスのような個人で学べるスポーツの方が良いでしょう。

学習障害を持っている子であれば、集団より個人で学べる場所の方が良いですね。個人塾や公文のように、他の子たちと競い合う必要のない場所に身を置くことをおすすめします。

環境を整えるという支援を行なってあげましょう。

子供が関わる場所での理解を得る

2つ目の支援方法は、周りの人たちから理解を得ることです。

子供が通っている学校や習い事の先生に、発達障害を持っていると説明しておきましょう。

見た目では分からないので、先生も他の生徒と同じように注意してしまいます。

子供が自分から発達障害を持っているとは絶対に言えないので、親が伝えるという支援を行なってあげて下さい。

叱るのではなく肯定と指導

3つ目の支援方法は、肯定しながら指導することです。

叱ることも大切ですが、障害を持っていない子と同じ基準で怒っていては、子供が可哀想ですね。他の子たちより点数が取れないのは当たり前ですし、集中できないのも当たり前です。

その度に叱っているとキリがないので、肯定しながら指導をしていきましょう。肯定を入れることで、子供は一気に楽になります。

肯定を入れるという支援をしてあげて下さい。

子供に定期的に話を聞く

4つ目の支援方法は、子供に定期的に話を聞くことです。

発達障害を持っている子供でも、親であれば話をしてくれるケースは非常に多いと思います。少し残酷な話ですが、発達障害を持っている子供はイジメの対象になりやすいです。

気がついたときには、イジメがエスカレートしているケースも珍しくありません。定期的に子供の話を聞いてあげることで、イジメや悩みを知ることができます。

イジメや悩みは発覚が早い方が対処しやすいので、定期的に聞いてあげましょう。

子供の特性を生かす

5つ目の支援方法は、子供の特性を生かすことです

発達障害の子供は、コミュニケーションが取れなかったり勉強ができなかったり、様々な症状があります。

子供の特性をしっかり把握して、それを生かした教育を行うことも大切です。

コミュニケーションが取れなくても、集中力が凄くて勉強では学年でも上位に入る子だっています。そのような子には、適度にコミュニケーションを取る機会を与えながら、勉強させるのが良いでしょう。

勉強ができない子供でも、スポーツが得意だったりするケースも珍しくありません。

子供の特性に合わせて、色んな挑戦をさせてあげましょう。色んな経験をさせてあげられるのも、親の支援があってこそです。

発達障害を持っている子供の支援に悩んだら?

発達障害を持っている子供を育てるのは、非常に難しいです。親御さんだけで考える必要はなく、悩んだら色んな場所に相談して下さい。

私がおすすめするのは、お医者さんと支援センターです。

お医者さん

小学校や習い事の先生に相談するのも良いですが、やはり専門の方から話を聞くべきでしょう。

お医者さんは発達障害に対する知識も豊富で、同じような症状を持っている子供をたくさん見ているでしょう。

お金がかかりますが、症状の経過なども相談できるので定期的に通うべきです。

支援センター

特に支援センターであれば、無料で話を聞くことができるので非常におすすめです。病院に行く手間もないので、気軽に相談できます。

日常の些細なことであれば支援センターに相談しましょう。

発達障害を持っている子供の支援方法まとめ

この記事では、発達障害を持っている子供の支援方法をまとめました。

最後に簡単にまとめておくので、ぜひご覧ください。

発達障害を持っている子供を支援するべき理由

→障害のない子たちと同じ環境にいるのは、子供の負担になる可能性が非常に高いため。

発達障害を持っている子供におすすめする支援方法

環境を整える

子供が関わる場所での理解を得る

叱るのではなく肯定と指導

子供に定期的に話を聞く

子供の特性を生かす

発達障害を持っている子供の支援に悩んだら?

→お医者さんや支援センターに相談する。専門の知識を持っている人に相談することで、色んな支援を教えていただけるため。

最新情報をチェックしよう!
>

"パパママ"の味方であり続けたるために...

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、これから子供を迎えるパパママや育児中のパパママの悩みを少しでも解決したいと思い立ち上げました。

みなさまの悩みを少しでも解決し、楽しいパパママライフに貢献できたら嬉しいです♡
『こんな悩みがある』『もっとこうしてほしい』などの要望がありましたらなんなりとお問い合わせください。